カードローンとキャッシングは何が違うのか?

お金を借りる時に使用される言葉に「カードローン」と「キャッシング」がありますが、例えば、「カードローンから借入」だとか、「キャッシングの借金」というように、使用される際の意味の違いがほとんどありません。金融業者の方でも明確な定義でもって使用しているわけではありません。

 

ただ、過去にはカードローンとキャッシングには利用方法に違いが見られました。

 

現在でも、両者を別の商品として提供している業者もあります。両者とも、借入をする時の担保が要らず、借り入れたお金の使い道が自由ということでは同じですが、返済の方式に違いがあり、カードローンは「リボルビング払い」で、キャッシングが「翌月一括払い・分割払い」になっていることです。

 

翌月一括払いはその名の通り、翌月にまとめて全額支払うことであり、分割払いというのは返済回数を決めて均等に割った金額を毎月支払っていく方式のことです。一方、リボルビング払いと言うのは返済回数を決めずに毎月一定の金額を支払っていく方式のことです。そして、分割払いの場合は新たに借入をするとその分が返済額に加えられることになりますが、リボルビング払いの場合は、借入の有無に関わらず返済額は変わりません。

 

ところが、あることをきっかけに、金融業者はカードローンをキャッシングと呼ぶようになります。その理由は、住宅ローンや自動車ローンなどの「目的別ローン」にあります。目的別ローンは借入金の使用用途は決められており、担保を必要とするものもあります。

 

そのため、借入金の「使途限定」で「有担保」の目的別ローンと、「使途自由」で「無担保」のカードローンが同じような言葉だと誤解されるということで、カードローンをキャッシングという言葉に言いかえられたのが始まりです。

 

また、クレジットカードで使われるキャッシングにおいても、一括払いや分割払いだけではなくリボルビング払いが採り入れられたため、返済方式の垣根も無くなりました。現在では、カードローンとキャッシングを使い分ける意味がありません。