カードローンの申し込み条件とチェックポイント

はじめに

 

キャッシングを利用するためには、どんな人でも必ず満たさなければいけない条件があります。
ここで紹介する2つの条件はあらゆるキャッシングで必要になる条件です。まずはこの2つの条件を満たしているかチェックしてみましょう。

 

本人に安定した収入があるか

 

キャッシングを利用するためには、申し込みをする人本人に安定した収入があることが条件です。無職で収入がない人、収入のない専業主婦は原則としてお金を借りることはできません。

 

特に消費者金融や信販会社のキャッシングを利用するときは、総量規制がありますので、収入がない方はお金を借りることはほぼ不可能でしょう。
ただ、例外的に収入がない方でもキャッシングを利用できる場合があります。専業主婦を対象にしたキャッシングでは、少額ですが融資を可能としています。配偶者の収入証明が必要になる会社もありますが、銀行系のカードローンではそれも不要で融資をしているところがいくつかあります。

 

年齢制限を満たしているか

 

キャッシングには利用できる年齢が設定されています。下は満20歳から、上は60代までとしているところがほとんどです。かつては学生ローンのように未成年にも融資をするキャッシングもあったのですが、現在大手のキャッシングでは、満20歳にならないと融資を受けられません。未成年の方がキャッシングを利用したければ、中小の業者を根気よく探すことになります。

 

年齢制限の上限はキャッシング会社によってかなり幅があります。60歳未満から70歳までとバラつきがありますので、60代の方は年齢制限の設定もキャッシング会社選びのポイントになるでしょう。

 

参考になるサイト:お金を借りたいじゃん.com

 

また、年齢制限を満たしていても取引終了年齢という特殊な制限が別にかかっている場合があります。最長取引期間を適用したときに、取引終了年齢を超えてしまうケースではキャッシングを利用できないことがあります。取引終了年齢の制限がある場合は、利用条件の欄に必ず記載があるのでそちらを参照してください。