アルバイト・パートでもカードローンで借りれますか?

消費者金融や信販会社、銀行等の様々な金融業者が提供しているキャッシングは、満20歳以上で毎月収入を得ている人を対象としている商品です。約定返済日に遅れずに返済するという事が利用上のルールであり、アルバイトやパートで収入を得ている人も対象に含まれています。

 

このために、これらで収入を得ている主婦や学生も利用する事が出来ます。

 

キャッシング審査に申し込む時に必要となるのは、運転免許証等の本人確認書類です。さらに、借入希望額や他社借入残高によっては、収入を証明できる書類を提出しなくてはなりません。消費者金融と信販会社のキャッシングは、貸金業法という法律により規制されており、2010年に新たに総量規制という規則が加えられています。

 

総量規制は、借り過ぎを防ぐために施行された規則で、借入総額は年収の3分の1以内に制限するという内容です。このために、借入希望額が大きい場合は、年収の3分の1に達していないという事を申し込み者自身が証明しなくてはなりません。ただし、審査で重視されるのは、年収ではなく信用情報機関に記録されている利用履歴や他社借入残高等のクレジットヒストリーです。

 

信用情報機関は多くの金融業者が加盟しており、業者の照会に応じて記録している情報を提供する事を業務としています。このために、審査の申し込み時に他社借入残高を実際よりも少なく記入しても、すぐに虚偽が判明するという事になります。

 

申込み時には、小細工をしても意味がないので、正確な数字を記入しなくてはなりません。他社借入残高が大きな金額になるほど返済している金額も多いという事であり、キャッシング審査に合格する確率は低くなっていきます。

 

アルバイトやパートタイムがキャッシングの審査に通る確率を高くする方法は、他社借入残高を少なくするという事です。他の金融業者への返済が少ないという事は、経済状態が良好と認識される事になります。新規借入を行えるだけの余裕があるとみなされるので、利用できる確率は高くなります。

 

詳しくはアルバイトでも借りれるキャッシング.com